アルファテックシリーズ
アルファテックレンタルサービス

レンタルサービスの詳細が変更になりました
レンタルに関連するオプションサービスを追加!
(詳しくはこちら)

Alphatec 最新シリーズ! 絶賛販売中!

アルファテックシリーズの最新版「アルファテック4-s(ワイヤレス)」「アルファテック5(ワイヤード))」

アルファテック4-s
Alphatec4-sの特徴

価格 165,000円(税別)
アルファテック4のスタンドアローン機能を削除し
軽量化してよりシンプルで使いやすい仕様に。
ワイアレス仕様(同じ部屋で2台まで同時使用可能)

アルファテック5
Alphatec5の特徴

価格 125,000円(税別)
アルファテック4-sのワイアード(有線)モデル
同じ部屋で何台でも使用可能。
(過去のモデルで企業や学校の研修室に20台ほどの設置実績あり)

センサーバンド
アルファテック専用センサーバンド

価格 1ch. ¥20,000 (税別) 2ch. ¥25,000 (税別)
1ch、2ch測定仕様がございます。

アルファテック使い方のアドバイス動画

計14本の動画になっております(動画の左上のメニューをクリックすると動画のリストが表示されます)

アルファテックとは?

『アルファテック』は勉強や練習、仕事や創作活動や健康面においても有効なアルファ波の強化訓練に
適した性能と機能を備えたバイオフィードバック装置です。

『アルファテック』は工学博士で数十年に渡り脳波研究の第一人者の志賀一雅博士が開発を進め、多くの研究機関、施設、学校等、個人の方にご使用されてきたアルファテックシリーズの最新機です。
現在、「ニューロマーケティング」という新たなフィールドにおいて「脳波検査」「脳波測定」という切り口で「睡眠脳波」や「特定の活動時の脳波」など脳波計を使用した実験~分析がなされています。
現在、当社よりリリースしておりますアルファテックは長年に渡り簡易型の装置として、簡単にセンサーを着脱できることはもちろん、そのスペックの高さからさまざまなシーンでご使用いただいております。
通常は1ch測定(左前額部)で専用のパソコンソフト「マインドセンサー」を使用し脳波を細かく分析できますが、更に2ch測定(左右前額部、もしくは2名×1ch)の分析機能が搭載されており、より高度な計測が可能となっております。あなたも『アルファテック』を使用してより心豊かな人生であるために、あなたの脳力を磨きませんか?『アルファテック』があなたの脳力を磨くお手伝いをします。

 

『アルファテック』は勉強や練習、仕事や創作活動に有効な
ミッドアルファ波を強化するのに適した性能と機能を備えたバイオフィードバック装置です。

現在の装置は脳波のバイオフィードバック装置として 多くの方にご愛用いただいてきたアルファテックシリーズの後継機種で性能も機能も大幅に改善されたものです。この装置の大きな特徴は以下の通りです。

  • 「額に装着する電極部分」と「本体」とをワイアレスとし、自由に動き回れる ※4-s
  • 本体から離れた所でも測定できる ※4-s
  • 漏電などの心配がない安全設計である
  • 付属PCソフトでの「CSVデータ処理」などが可能となり研究、分析が簡単に行える

ただし本装置は医療器具ではありませんから医療目的には絶対に使わないで下さい。アルファテックで健康に脳力アップしていただけることを願っております。

アルファテックを更に詳しく!
コンテンツ一覧はこちら

Alphatec News!

レンタルの詳細が変更になりました

レンタルに関連するオプションサービスを追加!
(詳しくはこちら)

名古屋市科学館イベント「ドラゴンボールで科学する筋斗雲に乗ってみよう!」にてアルファテックが採用されました!

名古屋市科学館で2014年7月16日(水)~8月31日(日)に開催されるイベント 「ドラゴンボールで科学する筋斗雲に乗ってみよう!」という展示コーナーで アルファテックが採用されています。
名古屋市科学館 HP
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/
「ドラゴンボールで科学する筋斗雲に乗ってみよう!」ページ
http://www.dragonball-kagaku.com/tenji.html

アルファテックをフル活用!

アルファテックを活用するための資料(PDF)をご用意いたしました。こちらからダウンロードできます

メルセデスのCMでアルファテックが!

メルセデスのCM「A45AMG×ZAZEN」にアルファテック ならびにマインドセンサーが使用され「僧侶の心の乱れを脳波で見 る」というようなシチュエーションが表現されています。 是非、ご覧ください!
Youtube ページはこちら

アルファテック専用 PC接続ソフトについて

マインドセンサー6
アルファテック専用 PC接続ソフト
「マインドセンサー」

ご利用のPC(OSのver)に合わせてダウンロードしてインストールしてください。

※アルファテック本体無しでもマインドセンサーは起動し、測定データのサンプルの閲覧は可能です。無料でインストールできますので興味をお持ちの方は是非、ご利用してみてください。(測定は本体が必要です)

※Mac OSでの測定について(仮想PCでの測定)

・Windows7,8 ,10 64Bit版(右クリックでダウンロード)
このソフト(64Bit)はC++ランタイムライブラリと.NETフレームワークが必須になります。
PC(東芝、NEC、ソニー等)には既にC++、.NETの両方もしくは片方がインストールされている事があり、 古いものが入っているとアプリが異常動作してしまうことがあります。

その様な場合は一度C++、.NETをアンインストール後、アプリを再インストールするとうまく動きます。

インストールされていないPCは問題ありません。
インストールされている場合には途中でC++を削除するか聴いてきますから、削除するにチェックを入れて下さい。

・XP,VISTA,Windows7 32Bit版

・ソフトの説明書(PDF)

※右クリックでダウンロード

アルファテック4-sと5 基本仕様

 
アルファテック4-s
ワイアレス機能で同じ部屋で2台まで同時使用が可能。スタンドアローン機能を削除し軽量化しております。
価格 165,000円(税別)
構成 無線伝送する送信機とこれを受信して処理する各種情報として表示する受信機から構成する。
電源 送信機 単4アルカリ乾電池2個
受信機(本体)USBバスパワー
特性 周波数特性 
 EEG部 4HZ~24HZ ±3dB(最大入力200μvP-P) 
 EMG部 150HZ~800HZ ±3dB(最大入力500μvP-P)

最小入力レベル 2.5μvP-P
CMMR 60dB以上
ハム除去比 60dB以上  
サンプリング周波数 1024Hz
電圧分解能 10bit
入力インピーダンス 10MΩ
表示 1. 受信SIGNAL
2. 測定パネル
3. COM(PC接続)
入出力 1. アンテナ端子(送信機及び受信機) 
2. センサーバンド入力(送信機)
3. USB端子(PCとの接続)
 
アルファテック5
アルファテック4-sのワイアード(有線)モデル、同じ部屋で何台でも使用可能。
価格 125,000円(税別)
構成 ワイアード(有線)
電源 本体 単4アルカリ乾電池4個
特性 周波数特性 
 EEG部 4HZ~24HZ ±3dB(最大入力200μvP-P) 
 EMG部 150HZ~800HZ ±3dB(最大入力500μvP-P)

最小入力レベル 2.5μvP-P
CMMR 60dB以上
ハム除去比 60dB以上  
サンプリング周波数 1024Hz
電圧分解能 10bit
入力インピーダンス 10MΩ
表示 1. 電源
2. COM(PC接続)
3. CH1 チャンネル1の接続表示
4. CH2 チャンネル2の接続表示
操作スイッチ類 1. 電源スイッチ
入出力 1. センサー入力端子
2. USB端子(PCとの接続)

脳波バイオフィードバック装置 比較表

機種名 脳力開発研究所 製造
Brain Builder Alphatec 4 Alphatec 4S Alphatec 5
定価(税抜) ¥98,000 ¥240,000 ¥165,000 ¥125,000
OS 98,XP Vista・7・8(32.64bit対応)
※アップル社の仮想windows OSにも対応
チャンネル数 1 通常1チャンネル 但し本体を2台使用し専用センサーを使用すれば
2chでの計測が可能。
サンプリングfreq 128Hz 1024Hz 1024Hz 1024Hz
ディジタルfilt
入力Imp 10MΩ 10MΩ 10MΩ 10MΩ
周波数範囲 4〜24KHz 4〜800KHz 4〜800KHz 4〜800KHz
AD変換機 8ビット 10ビット 10ビット 10ビット
CMMR(ハム除去率) 60db 60db以上 60db以上 60db以上
通信 RS232C
(シリアルポート)
FM FM USB
接続 ワイアード(有線) ワイヤレス(無線) ワイヤレス(無線) ワイアード(有線)
同部屋での計測 無制限 4名まで 2名まで 無制限
ディスプレイ LED 7セグメント
生産状況 生産終了 生産終了 現在販売中 現在販売中

 

※上記記載のOSは概略になります、ご参考までにお願いします。

アルファテック 開発者 志賀一雅 プロフィール 

志賀一雅

日本におけるアルファ脳波研究の第一人者で「アルファ波」という概念を日本に浸透させた功労者。1961年電気通信大学卒業後、松下技研に勤務。東京大学工学部計数工学科研究員を兼務しながら、脳波研究に没頭。83年脳力開発研究所設立。パソコンを利用した脳波分析装置を開発し、大学や企業の研究所へ提供。アルファ波を指標としたメンタルトレーニング指導で、日本航空、日本IBM、NTTなど、大手企業の脳力開発研修において高い評価を得る。2000年日本文化振興会より社会文化功労賞と菊華勲章受賞。著書に「潜在脳の醒まし方」(ダイアモンド社)、「メンタルバンク」(ゴマブックス)他多数。現在は電気通信大学院に再入学し、最新の脳波研究を重ね2008年、研究の成果としてのバイオフィードバック(脳波測定)装置「アルファテックⅣ」を発表、2013年にアルファテックⅣの次ヴァージョンとなる「アルファテックⅤ」を発表!関係者に大きな刺激を提供し続けている。

アルファテックシリーズのご購入は
「メンタルトレーニングストア」へ

「メンタルトレーニングストア」へ

アルファテックを体験!

株式会社 脳力開発研究所
東京・大阪にて体験可能です(詳細はこちら

お問合わせ・見積依頼は下記のメールアドレスまで

株式会社 脳力開発研究所
メールアドレス support@alphacom.co.jp までご連絡下さいませ。