アルファテック7専用 PC接続ソフト
「マインドセンサー7」

マインドセンサー7

アルファテック7(alphatec7)システムは、脳波センサ装置=アルファテック7と、専用計測ソフトウエア=マインドセンサー7のセットからなる、最新鋭の脳波センシング&計測システムです。

脳波をリアルタイムで表示!
脳波をリアルタイムで表示!

計測データをフーリエ変換して、3D表示したグラフです。1秒ごとに優勢であった脳波を色わけしています。
  β波(ピンク) ・・・15Hz 以上
  ファストα波(黄) ・・・12 〜14Hz
  ミッドα波(緑) ・・・9 〜11Hz
  スローα波(水色)・・・7 〜 8Hz
  θ波(青)・・・4 〜 6Hz

グラフで検証することができる
グラフで検証することができる

測定時間内における優勢脳波の割合、各脳波の平均値・最高値が一覧で表示されます。
優勢脳波の割合は円グラフにて表示されるので、視覚的にどの脳波が多く計測されたかを確認することができ、検証しやすくなっています。
また、グラフの表示は見やすいものに変更も可能です。

脳波の出現状況が時系列で表示!
脳波の出現状況が時系列で表示!

計測の生データが上段。これをフーリエ変換したグラフが下段です。
色でどの脳波が優勢的に出ているのかが一目でわかるようになっています。
また、周波数帯折れ線グラフの3D表示を見やすい角度に変更することもできます。

10Hz & 7.8Hzをピンポイント表示
10Hz & 7.8Hzをピンポイント表示

上下2本のバーでは、時系列の状態を早見できます。上のバーには、その1秒間に優勢であった周波数帯の脳波がそれぞれの色で表示されます。下のバーは、10Hzか7.8Hzが優勢であった場合、10Hzはダークグレー、7.8Hzはオレンジで、ピンポイント表示します。

2ch計測でコヒーレンスの検証
2ch計測でコヒーレンスの検証

2ch計測では、画面の上部=Ch1(右脳)と下部=Ch2(左脳)に計測データが表示され、その2ch間のコヒーレンスを中央のバーで確認できます。
【上】Ch1・Ch2間のRAW信号の位相が似ている部分を色で表示。
【中】Ch1・Ch2間の優勢周波数帯の共通部分を色で表示。
【下】Ch1・Ch2同時に10Hzまたは7.8Hzの優勢部分をピンポイント表示。   10Hzはダークグレー、7.8Hzの場合はオレンジで表示。

ユーザー管理
ユーザー管理

設定ウィンドウでは、計測する既存ユーザーの選択や、新規ユーザーの追加登録ができます。ユーザーは何名でも追加でき、ユーザーごとの計測履歴を蓄積して、いつでも再生が可能です。
職場、学校、塾、各種スクールやカウンセリングの現場などで、計測結果をデータベース化して、過去の結果が簡単に確認できます。

結果を評価シートでプリントアウト
結果を評価シートでプリントアウト

結果表示は、簡易な印刷物として「評価シート」をプリントアウトすることができます。表は「Before(前半)」、「During(中盤)」、「After(後半)」の3つの時間帯に区切られ、ファスト、ミッド、スローα波など、各周波数帯の優勢比率が表示されます。

アルファテック7専用 PC接続ソフト「マインドセンサー7」 のダウンロード
マインドセンサー7

Windows版 Ver 1.83(右クリックでダウンロード)

対応OS
Windows(R) 10/8.1/8 (32ビット/64ビット版)

CPU
上記OSが正常に動作するintel製CPU(core i5以上を推奨) ※推奨以下の性能のCPUの場合、画面の動きがぎこちなくなったり、見にくくなる場合があります。

メモリ
2GB以上(4GB以上を推奨)

HDD
約300MBの空き容量(大量データの保管には、さらに容量が必要になる場合があります)

その他
装置の接続に空きUSB(2.0以上)端子が一つ必要です。

上記の条件を満たす場合は 〜 無線方式(ブルートゥース)での接続をご希望の場合は、弊社指定の専用USBドングルを使用いただきます。ただし、機器との相性がございますので、弊社にて、接続を保証するものではありません。

アンドロイドスマートフォン版
アンドロイドタブレット版

アンドロイド・スマートフォン(アンドロイド・タブレット):アンドロイドOSバージョン5.2以上を搭載のスマートフォンもしくはタブレット (CPU:デュアルコア以上)

取扱説明書(PDF)(右クリックでダウンロード)

アルファテック5までの機種 PC接続ソフト「マインドセンサー5」
マインドセンサー5
※アルファテック本体無しでもマインドセンサーは起動し、測定データのサンプルの閲覧は可能です。
無料でインストールできますので興味をお持ちの方は是非、ご利用してみてください。(測定は本体が必要です)

ご利用のPC(OSのver)に合わせてダウンロードしてインストールしてください。

※アルファテック本体無しでもマインドセンサーは起動し、測定データのサンプルの閲覧は可能です。無料でインストールできますので興味をお持ちの方は是非、ご利用してみてください。(測定は本体が必要です)

※Mac OSでの測定について(仮想PCでの測定)

Windows7,8 ,10 64Bit版 Ver 2.0(右クリックでダウンロード)

・ソフトの説明書(PDF)
・アルファテック活用資料(PDF)
・Alphatec Users manual (chinese・・PDF)
・Mind Sensor5 Users manual (chinese・・PDF)


このソフト(64Bit)はC++ランタイムライブラリと.NETフレームワークが必須になります。
PC(東芝、NEC、ソニー等)には既にC++、.NETの両方もしくは片方がインストールされている事があり、 古いものが入っているとアプリが異常動作してしまうことがあります。

その様な場合は一度C++、.NETをアンインストール後、アプリを再インストールするとうまく動きます。

インストールされていないPCは問題ありません。
インストールされている場合には途中でC++を削除するか聴いてきますから、削除するにチェックを入れて下さい。

XP,VISTA,Windows7 32Bit版 Ver 1.13

・ソフトの説明書(PDF)
・アルファテック活用資料(PDF)
・Alphatec Users manual (chinese・・PDF)
・Mind Sensor5 Users manual (chinese・・PDF)

※右クリックでダウンロード

Apple Macでの測定について

マインドセンサー6

Mac OSではマインドセンサーをインストールはできませんが、仮想PCソフトをインストールしWindows OSを入れ、マインドセンサーをインストールする事でMacでもマインドセンサーでの測定が可能になります。

※マインドセンサー

仮想 PCソフトの情報 Parallels (サイトはこちら)

(MacでWindowsを動かす場合はCPUがインテルのプロセッサーのマシンでMac Pro、iMac、各ノートとなります。)

このような方にお薦めします!

このような方にお薦め

鍼灸師、エステティシャン、カウンセラーなどクライアント様
これらから、バイオフィードバックの活用によるアルファコントロールで自分だけではなく周りの人をアルファ波状態に導くことが可能になると思われます。人や環境に対して「変わってほしい、良くなってほしい」という思いをもっても、なかなか状況は改善されません。でもご自身がアルファ状態でいることで、「あの人といると何故か心地よく安心でき心穏やかな自分でいれる」と周りの人が思い、またそれがいろんな方に循環していけば、結果環境も改善されます。

そんな「アルファ波の共鳴状態」の環境をご家庭やお仕事の場などで創り出してください。そのことで身の回りにいる、ご主人や奥様、子ども、上司、部下、友達、恋人などと、さらにすばらしいコミュニケーションが可能になります。ぜひご自身の脳の状態を知り、アルファ脳波で毎日を過ごすことで実り多い人生を実現しましょう!

2人での同時測定が可能です!

志賀一雅

アルファテックを2台パソコンに接続することで、2人の脳波を同時に計測する事ができます。
これにより、2人の脳波の同調(シンクロニティー)を確認することができます。
※2人同時測定には2台のアルファテックが必要となります。(PCは1台で大丈夫です)
例えば、「この人とはなんとなく気が合う」「ここの病院があっている」「ここの美容院は癒される」とか、なんとなく感じた事はありませんか?特に何も気にしなくてもお互い通じ合ったり、仲の悪かった人といつの間にか仲良くなったりなど…

実はアルファ波に注目すると、色々と面白い事がわかってきます。例えば気孔において気を送る側と受ける側とでアルファ波の出る時が一致する事があります。偶然に一致するのではなく、そのメカニズムはわかりませんが、明らかに脳が影響し合っているようです。 これらをこのアルファテックで検証することができます。

志賀一雅

上半分のデータが1人目、下半分が2人目のデータです。それぞれの脳波の原型が1段目に表記され、2段目はβ波、スローα波、ミッドα波、ファストα波、θ波にフーリエ変換された結果が表示されています。

志賀一雅

上図は1人目と2人目の結果の間に表示されているグラフですが、Cor1は脳波の相関状態を示しています。1秒間で80%以上位相があっている場合は青色で表示されるようになっています。Cor2は周波数の相関で、1秒間同じ周波数であったら、その周波数が属する帯域の色で表示しています。

よって、Cor2において緑色のミッドα波が多く見られると、2人の脳波が同調(シンクロ)している事になり、さらにその部分がCor1において青色であれば、その可能性は極めて高いということになります。
また、これらの現象をわかりやすく数値化して検証することができます。計測した後に、左側のグラフを計測開始時まで移動させ、Cor1とCor2の部分にカーソルを合わせて左クリックを押しますとこのような表示がでてきます。

志賀一雅

中央左部分に評価が表示され、評価を数値で検証することができます。
ミッドα波が、「Before」「During」「After」でそれぞれ、3.3%、18.9%、13.3%同じタイミングで優勢的に検出されているということになります。 また、Cor1×Cor2のグラフは周波数が同じで、かつ位相(波形)も同じものの割合が示されており、「During」において2.8%ミッドα波が波形も同じものが検出されているということになります。

実験のご紹介

志賀一雅
志賀一雅
志賀一雅

これらは、①ピアノヒーリングのピアノ演奏者とクライアント、②シタール奏者とクライアント、③カリスマ美容師とお客様の脳波を計測したものです。
どのグラフをご覧いただいても、ある部分から2人の脳波の同調が見られるようになっています。①②③のクライアントからは、終了後何かすっきりとした感覚があるとか、疲れが取れたなどという感想をいただいております。特にこの時に音楽の曲調が変わったりとか、カウンセラーの技術的な変化が会ったわけではございませんがこのような現象がおきています。

このようにメカニズムは解明されていませんが、2人の脳がお互いに影響し合っているのは間違いないと思われます。

電極の説明(1ch、2chの電極)

 
1ch 電極
電極の種類 純ニッケル
電極の配置 単極誘導 左Fp1 右アース
耳たぶ電極・ノイズキャンセラー
耳たぶ電極を左にすると左脳の脳波(Fp1)右にすると右脳の脳波(Fp2)を測ることになります。
この電極を2個、アルファテック2台使用すると2人の脳波の共鳴を測ることができます。
2人 脳波
下図は鍼灸治療における鍼灸師と患者さんとの脳波シンクロを調べた例です。
鍼灸 脳波
 
2ch 電極
電極の種類 純ニッケル
電極の配置 左Fp1 中央 アース 右Fp2
耳たぶ電極・ノイズキャンセラー
この電極により左脳と右脳との脳波の同調具合を調べることができます。
この場合アルファテック2台必要です。
右脳、左脳、アルファ波
下図はMemi Grace さんの指笛を吹いているときの左脳と右脳とのシンクロ状態を調べた例です。
Memi Grace
上段が右脳の脳波、下段が左脳の脳波。

注意事項

アルファテック を用いた本ソフトによる脳波分析に関し、信頼性を保持すべき万全の努力をしておりますが、臨床脳波計と同一の結果になることを保証できないこと、分析結果に関しいかなる責任も負えないことを、あらかじめご承知おきください。
本システムを用いて、法律的に資格のない人が医療目的で使用することは絶対にしないでください。

アルファテックシリーズのご購入は
「メンタルトレーニングストア」へ

「メンタルトレーニングストア」へ

アルファテックを体験!

アルファテックを体験!
東京・大阪にて体験可能です(詳細はこちら

アルファテック
レンタルサービス

アルファテックレンタルサービス
詳細はこちら

お問合わせ・見積依頼は下記のメールアドレスまで

株式会社 脳力開発研究所
お問合せは support@alphacom.co.jp